工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第20回「中山」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第20回「中山」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

最後の詰めとして、なじみの興信所に中山の素性などを洗ってもらった。

中山徹。三十六歳。もともとは、ネット企業のシステム部門に勤務していた。その頃から、副業としてRMTサイトを立ち上げ、個人で稼いでいたらしい。そのうち不況になって一年前にリストラされると、RMTサイトからの稼ぎだけで暮らすようになった。賞罰なし。

妻と子供はいないが、栃木県の実家の両親は健在。都内に妹が住んでいる。

ざっと見た感じでは、そんなに面倒くさい相手ではなさそうだった。これなら、少し脅かせばなんとかなるだろう。状況証拠しかないという、少々心細い状態だが、これ以上は集めるのは難しいだろう。

登記簿に記載されたマンションに行ってみると、普通のマンションだった。ガキがうろうろしているし、おばちゃんたちが敷地内で立ち話している。

登記簿に書いてある住所に、のうのうと暮らしてるなんてのんきな野郎だ、犯罪者ならもう少し気を遣えよ、と思いながら、オレはマンションに入った。生意気にオートロックになってやがる。

だが、ここで相手を呼び出すわけにはいかない。見知らぬ相手を部屋に入れるほどお人好しじゃないだろう。というか、犯人に「どうぞお入りください」、なんて言われたら100%罠だろう。

オートロックの自動ドアは、ドアの内側なら立つだけで開く。なので、A4くらいの紙をドアの隙間から入れれば開くのだ。自動ドアってのは意外と隙間がある。ドアの下、ドアとドアの隙間。ここのドアは、下には隙間がなく、ドアとドアの段差があって紙を差し込みにくいようになっていた。オレのようなヤツがオートロックを突破するのを防ぐためだ。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第7回 「三人の容疑者」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  8. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×