個人情報100万件が残った閉鎖サービスのサーバに不正アクセス(ゲオ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

個人情報100万件が残った閉鎖サービスのサーバに不正アクセス(ゲオ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社ゲオは6月8日、同社および同社の子会社である株式会社リテールコムが運営していた「ゲオEショップ」のWebサーバに外部から不正アクセスがあったことが判明したと発表した。同サイトは、不正アクセスされたサーバを利用してサービスを提供していたが、2011年3月に閉鎖している。同社が契約しているクレジットカード会社の指定する外部調査会社(ラック)による調査の結果、個人情報が流出した痕跡はサーバログにはなく、クレジットカード情報も暗号化されていたため悪用の恐れは低く、また不正利用による被害も確認されていないとしている。

これはサーバを撤去するために整理を開始したところ、不審なアクセスログが確認されたというもの。同サーバには、2005年12月10日から2011年3月31日までの期間に商品の購入および買取サービスを利用した注文情報、1,007,052件が保管されていた。注文情報には、住所、氏名、生年月日、メールアドレス、届け先住所、届け先氏名、届け先電話番号、クレジットカード情報(127,090件)、銀行口座情報(10,235件)が含まれていたという。なお、クレジットカード情報は暗号化されていたとしている。
(吉澤亨史)

http://www.geonet.co.jp/news/documents/2681_20110608geo-e.shop.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×