工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第17回「かわいそうな人」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第17回「かわいそうな人」

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「ひどーい。私は三十超えてませんよ。工藤さんって、ほんとに口が悪いですね。それとも私の身体だけが目当てだから、どうでもいいってわけですか。そうですか」

沢近が面倒なことを言い出した。面倒って言っちゃいけないんだな。すねたところがかわいいとか思わないと、女にモテないんだ。わかっちゃいるけど、そんな態度はとれない。面倒なものは面倒だ。でも、オレは大人だから、面倒な気分を抑えて言った。

「悪かった。今のは言い過ぎた。お前は人間として魅力的だよ。システムやネトゲにくわしい女の子なんか、滅多にいないから希少価値がある」

言ってから、ほめ方を間違ったような気がした。これもまたオレの悪い癖だ。素直に人をほめるということが出来ない。そんなの照れくさいじゃないか。言わなくてもわかるだろう。と思ってしまう。

「人のことを、素直にほめられないんですね。そんなんだから友達がいないんです」

そういうお前も友達少ないだろ、とオレは突っ込みたかったが、我慢した。火に油を注ぐことになる。ここは、スルーするのが大人の対応ってもんだ。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×