日本の違法コピー率は世界で最も低くなったが、損害額は世界10位(BSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

日本の違法コピー率は世界で最も低くなったが、損害額は世界10位(BSA)

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月12日、2010年における全世界のコンピュータソフトウェアの違法コピーによる被害状況をまとめた「第8回BSA世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。本調査は、BSAがIDCに委託し2003年から毎年実施しているもの

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月12日、2010年における全世界のコンピュータソフトウェアの違法コピーによる被害状況をまとめた「第8回BSA世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。本調査は、BSAがIDCに委託し2003年から毎年実施しているもの。8回目となる今回は、世界116か国を対象に調査が行われた。また、今回の調査からイプソス・パブリック・アフェアーズによるコンシューマおよびビジネスPCユーザ15,000人、世界32か国を対象とした調査が加えられている。

調査結果によると、日本の違法コピー率は前年比1%減の20%で2003年の調査開始以来、初めて世界1位(米国、ルクセンブルク大公国と同位)を達成した。しかし、その損害額は16.24億USドル(約1,431億円)で世界ワースト10位(前年8位)となっている。全世界における違法コピー率の平均値は42%となったが、調査対象の半数の国においては62%、もしくはそれ以上の数値を示している。毎年拡大が続く損害額は587.54億USドル(約5兆1,756億円)となり、2003年の調査開始以来、約2倍近い金額に達した。
(吉澤亨史)

http://www.bsa.or.jp/press/release/2011/0512.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×