工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第16回「マネーロンダリング」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第16回「マネーロンダリング」

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

相沢が、RMTを知らないようなので、オレは説明してやることにした。

「知らないの? リアルマネートレードのことだよ。もともとはゲーム内通貨やアイテムを現金で売買するサービスなんだけど、電子マネーの売買もやってる業者が結構あるんだ。犯人は、RMT業者を使って電子マネーを現金に換えてるはずなんだ。それが一番てっとりばやい。でも目立った動きがないらしい。大量の電子マネーが流れ込んでくれば、目立つと思うんだけどな」

「はあ。どうやって確認しているんですか?」

「情報源があるんだよ。こっちは商売だからね。もっとも今回の件ついては、まだろくな情報ないんだけどね」

「少なく見積もっても百万円を超えてるだろ。そんなにたくさんの電子マネーが動いたらわからないはずはないと思うんだけどなあ。おかしいよなあ」

相沢との話が終わってから、オレはいろいろなパターンを考えてみた。だが、どうもぱっとしない。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×