工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第15回「RMT」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第15回「RMT」

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

翌日の夕方、オレは相沢に電話した。連絡しなきゃいけない用事はなかったのだが、ちゃんと昨日の打ち合わせ通りやっているかの確認だ。

「コンメールにメールを送ったんですが、返事がありません。電話しても、担当者も社長も不在なのでメールを送ってくれの一点張りです」

思った通り、「できない理由」をあげてきた。「できない理由」は、誰でも考えつくし、言えるんだよ。黙って実行しろ、と言いたくなったが、それはオレじゃなく、相沢の上司の仕事なのでやめておいた。「できないちゃん」を「できるちゃん」にするのは並大抵のことじゃない。

「そんなことだろうと思ったよ。で、どうすんの?」

「どうもしません。このままです。コンメールとの契約は終了していますので、今後問題が発生する可能性はありません」

「でも、コンメールを使ってる他の企業では今でも被害が続いてるかもしれないんだぜ」

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×