クレジットカード情報はない?PSNに不正アクセスで個人情報漏えい(SCEJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

クレジットカード情報はない?PSNに不正アクセスで個人情報漏えい(SCEJ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は4月27日、PlayStation NetworkおよびQriocityに対する不正アクセスにより、2011年4月17日から19日にかけてユーザのアカウント情報が漏えいしていた可能性があることが判明したと発表した。PlayStation NetworkおよびQriocityは4月21日から障害が継続しており、詳細について徹底調査を行った結果、判明したという。

漏えいした(不正アクセス者が入手した)とみられるアカウント情報は、ユーザがPlayStation NetworkあるいはQriocityに登録した氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日、PlayStation NetworkあるいはQriocityのパスワード、PlayStation NetworkオンラインID。また、購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ、サブアカウントに関する上記情報(ユーザがサブアカウントを作成している場合)についても、不正アクセス者が入手した可能性があるという。なお、ユーザがPlayStation NetworkまたはQriocityにクレジットカード情報を登録している場合、登録されているクレジットカード番号(セキュリティコードを除く)および有効期限に関する情報が不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできないが、現時点ではそのことを示す形跡は見つかっていないとしている。
(吉澤亨史)

http://cdn.jp.playstation.com/msg/sp_20110427_psn.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×