工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第14回「ボーダーライン」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第14回「ボーダーライン」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

こういう時の常套手段は、金を追うことだ。

オレのカンでは、犯人は慎重さと不用心さが同居しているようなヤツだ。慎重にことを進めようと思っていても、いざとなると自制心がきかなくなるタイプのような気がした。

犯人が最初にファミリーアイズのメールマガジンにヘッダ広告を掲載したのは、クリック状況を見るためだったのだと思う。

コンメールで発行されている多くのメールマガジンに自動的に広告を挿入する。配信された後に、広告がよくクリックされているマガジンを選び、その購読者をまるごと盗んで勝手にメールマガジンを発行する。ついでに言うと、対応が間抜けなところってのも選ぶ時の条件だったんだろう。

このへんは、まあまあ慎重なアプローチだよな。

「V-CRY」を買わせる際の決済も、工夫していた。電子マネー決済なのだ。Web Money、Bit Cashとかだ。にも関わらず電子マネー業者と契約を結んでいなかった。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×