2010年に検出した悪質なプログラムは、2億8,600万以上--年間レポート(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

2010年に検出した悪質なプログラムは、2億8,600万以上--年間レポート(シマンテック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社シマンテックは4月12日、「インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)第16号」を発表した。本レポートは、同社の脅威検出、分析ネットワーク「Global Intelligence Network」が2010年に収集したデータを元にまとめたもの。新たに発見された2億8,600万種を超えるという膨大な数の脅威と、脅威の動向におけるさまざまな新たな傾向を紹介している。

本レポートではハイライトとして、企業に対する標的型攻撃の量と巧妙な手口の両方が大幅に増加していること、攻撃の拠点として利用されるソーシャルネットワーキングサイトが引き続き増加していること、攻撃者の利用する感染手法が変化していること、従来のコンピュータシステムに侵入するためにJavaの脆弱性がますます狙われていることを挙げており、さらに攻撃者の標的がモバイルデバイスへと大きくシフトしている状況についても取り上げている。
(吉澤亨史)

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20110412_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×