ランサムウェア「GPCode」の新しい亜種を確認、125ドルの支払いを要求(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ランサムウェア「GPCode」の新しい亜種を確認、125ドルの支払いを要求(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月4日、Kaspersky Labのエキスパートが「GPCode」の新しい亜種「Trojan-Ransom.Win32.Gpcode.bn」を検知したと発表した。この新しい亜種はランサムウェアに分類されるもので、感染したPC上でデータを暗号化したのち、ユーザが代金を支払わないとデータを削除すると脅迫する。今回検知されたプログラムでは、サイバー犯罪者はUkashプリペイドバウチャーで125ドルの支払いを要求するという新たな支払い方法を採用している。

Trojan-Ransom.Win32.Gpcode.bnは、マルウェアが配置されたWebサイトを訪問させるドライブバイダウンロード方式でPCを感染させる。ユーザがそのようなWebサイトを訪問するとトロイの木馬がシステム上で起動し、ユーザが知らないうちにデータを暗号化する。強力な暗号化アルゴリズムが使用されているため、暗号化されたファイルはリカバリできない。現在のところ、リカバリの唯一の方法はバックアップファイルを使用することとしている。同社では、この新しい亜種の分析を進めるとともに、感染したPC上でデータを復旧する方法の調査を続けるとしている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582698
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×