VNCを悪用する銀行を狙ったトロイの木馬、しかしまだ未完成--RSAレポート(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

VNCを悪用する銀行を狙ったトロイの木馬、しかしまだ未完成--RSAレポート(RSAセキュリティ)

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部(RSAセキュリティ)は3月30日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.44」を発行した。本号では「VNCを悪用する銀行を狙ったトロイの木馬が現実に」として、VNC(Virtual Network Computing)接続を使った

脆弱性と脅威 脅威動向
EMCジャパン株式会社 RSA事業本部(RSAセキュリティ)は3月30日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.44」を発行した。本号では「VNCを悪用する銀行を狙ったトロイの木馬が現実に」として、VNC(Virtual Network Computing)接続を使ったトロイの木馬が目立ってきたことを紹介している。これについては、他ならぬSpyEyeの作者が昨年10月にトロイの木馬のためのVNCプラグインの開発を公表していた。VNCのソフトウェアは現在、テクニカルサポートの際によく使われるアプリケーションであるが、トロイの木馬にVNCプラグインを組み合わせることで、詐欺師たちはどこからでもリモートアクセスして、被害者のPCを完全に操作できるようになる。同社ではこの動きを注視しているが、回収したサンプルとサーバサイドのコントロールパネルの双方を分析した限り、VNC対応は完成には至っていないとしている。

2月のフィッシング攻撃総数は18,503件と、1月比で11%増加し、1カ月ぶりに18,000台を超えた。プロキシベースのフィッシング攻撃(fast-flux型攻撃)がない状態は8カ月連続となっている。フィッシング詐欺師たちに最も人気のある攻撃のホスト方法は、Webサイトのハイジャックである。この方法ならば、そもそも攻撃がシャットダウンされた時に、詐欺師が失うものはない。一方、fast-flux型のインフラは一般的なスパム攻撃や、できる限り発見されないよう、できる限り長く被害者のPCとの接続を保つよう、トロイの木馬のホスティングにも使われている。
(吉澤亨史)

http://japan.rsa.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×