ウイルス対策ソフト、仮想CD/DVDドライブ作成ソフトに脆弱性を発見(FFR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

ウイルス対策ソフト、仮想CD/DVDドライブ作成ソフトに脆弱性を発見(FFR)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は3月9日、ウイルス対策ソフトおよび仮想CD/DVDドライブ作成ソフトにおいて脆弱性を発見したと発表した。これらの脆弱性は、同社の沖縄研究開発チームが発見したもの。ともに一般で広く利用されているソフトウェアであるという。発見された脆弱性は、対話的にログオンすることができるユーザが、その権限に関わらず不正にシステムを停止させることができるというもの。

この脆弱性により、ローカルの非特権ユーザによるサービス妨害などの問題が引き起こされる可能性がある。ただし、双方とも深刻度は「低」としている。同社では、情報処理推進機構(IPA)への届出および製品開発ベンダへの連絡を済ませており、今後はIPAの「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイド」に従って処理される。
(吉澤亨史)

http://www.fourteenforty.jp/research/advisory.cgi?FFRUA-20110309-1
http://www.fourteenforty.jp/research/advisory.cgi?FFRUA-20110309-2
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×