工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第8回「バイト諸君」 | ScanNetSecurity
2019.11.16(土)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第8回「バイト諸君」

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

2時間くらいで終わる予定だった打ち合わせだったのに、もう昼過ぎた。腹が減った。それもこれも相沢の頭が空っぽで、安っぽいプライドと偏った責任感があるせいだ。面倒ったらありゃしない。こんなヤツが相手なら犯罪者は楽だったろう。なにもしなくても勝手にひとりで空回りしていてくれそうだ。

「つきましては、おおまかなお見積もりはざっとこんなものになります」

ふと気がつくと、オレのエージェントの沢田が、にこにこ笑いながら相沢に紙を手渡していた。とたんに相沢の顔が曇る。かなりふっかけたに違いない。

「あとはですね。基本的に人日計算になりますので、超過した場合は超過料金が発生します。また、交通費、資料などにつきましては、別途ご請求させていただくことになります」

相沢の顔色などおかまいなしに、沢田は話し続けた。こいつの目には、相沢は金のなる木、オレは金を刈り取る農夫にしか見えてないんだろう。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×