Facebookユーザを標的に「ストーカー追跡ツール」を装う攻撃(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

Facebookユーザを標的に「ストーカー追跡ツール」を装う攻撃(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は3月1日、TrendLabsが2月下旬に「Facebook」上でユーザのストーカー行為に対する恐怖心を巧みに利用した事例を確認したと同社ブログで発表した。この事例は、「profile view:プロフィールの閲覧」や「creepers:ストーカー」といった、ストー

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は3月1日、TrendLabsが2月下旬に「Facebook」上でユーザのストーカー行為に対する恐怖心を巧みに利用した事例を確認したと同社ブログで発表した。この事例は、「profile view:プロフィールの閲覧」や「creepers:ストーカー」といった、ストーカー行為を連想させるような言葉を含んだドメインによるWebサイトが設けられ、「誰が自分のプロフィールを最も多く閲覧しているか、何回閲覧しているか」といった自分の「ストーカー」を突き止めるツールの提供を装うというもの。

このWebサイトには「ストーカー追跡ツール」の使用方法が順に提示されており、「特定のスクリプトをコピーして、Webブラウザのアドレスバーに貼り付ける」とある。ユーザが手順に従って、指定された不正なスクリプトをコピーして自身のブラウザのアドレスバーに貼り付けて実行するとユーザのFacebookアカウントが乗っ取られ、このストーカー追跡ツールを宣伝するスパムメッセージの拡散に加担することになる。
(吉澤亨史)

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/3939
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×