SystemTap の staprun における権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

SystemTap の staprun における権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
SystemTap の staprun には、環境変数の取り扱いに不備が存在するため、権限昇格が可能な脆弱性が報告されました。ローカルの悪意あるユーザに利用された場合、root 権限を取得され、本来許可されていない操作が実行される可能性があります。

脆弱性の悪用は容易であると考えられ、深刻な影響を受ける可能性があるため、対象のユーザは速やかに以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
7.2
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2010-4170&vector=%28AV%3AL/AC%3AL/Au%3AN/C%3AC/I%3AC/A%3AC%29


3.影響を受けるソフトウェア
SystemTap 1.3 以前

※影響を受けるバージョンの SystemTap が含まれる、Linux ディストリ
ビューションにおいても、この脆弱性の影響を受ける可能性があります。


4.解説
SystemTap は、実行中の Linux Kernel の動作を動的にモニターおよびトレースし、システム情報を取得できる機能を提供します。また、staprun は、setuid ビットが付与された SystemTap のランタイムツールであり、カーネルモジュールの管理を行います。

この staprun には、カーネルモジュールを追加または削除する modprobe コマンドを実行する際の MODPROBE_OPTIONS 環境変数の取り扱いに不備が存在します。
このため、当該環境変数に指定された不正な設定ファイルを介して、権限昇格が可能な脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することでローカルの攻撃者は、root 権限で任意のコマンドが実行可能となります。

また、この脆弱性とは別に SystemTap 1.3 以前には、カーネルモジュールのアンロード処理に起因して、サービス不能状態に陥る脆弱性 (CVE-2010-4171) が同じ発見者 Tavis Ormandy 氏より報告されています。当該脆弱性においても、以下の対策または緩和策を実施することで対応可能です。


5.対策
(Web非公開)

6.関連情報
(Web非公開)

7.エクスプロイト
(Web非公開)

8.エクスプロイトの動作概要および結果
(Web非公開)

9.想定される攻撃シナリオ
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバーリスク総合研究所 コンピュータセキュリティ研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×