30Gbpsの侵入防止など、次世代ファイアウォール発表(ソニックウォール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

30Gbpsの侵入防止など、次世代ファイアウォール発表(ソニックウォール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

米SonicWALL(ソニックウォール)は2月15日、次世代ファイアウォール(NGFW)「SuperMassive E10000シリーズ」を発表した。本シリーズは、大規模な拡張性をもつマルチコアアーキテクチャを特長とし、最大96コアを利用した処理能力を可能にしている。40Gbps以上のファイアウォールスループット、30Gbpsを超えるアプリケーションコントロールと侵入防止サービス(IPS)、省電力、スペース、熱冷却の仕様を持つ。

SonicWALLのリアセンブリーフリーディープパケットインスペクション(RFDPI)エンジンを使用し、ストリーム全体のフルコンテンツインスペクションにより全パケットの全バイトをスキャンする一方、高いパフォーマンスと低遅延を実現する。また、RFDPIエンジンはSSL暗号トラフィックと、プロキシを使用しないアプリケーションにもフルインスペクションを確実に実行。トランスポートやプロトコルに関わらず、包括的な保護を可能にするとしている。
(吉澤亨史)

http://www.sonicwall.com/japan/press/press-20110215.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×