便利な環境であるほど攻撃のターゲットとなりやすい--2011年脅威トレンド(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

便利な環境であるほど攻撃のターゲットとなりやすい--2011年脅威トレンド(アンラボ)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社アンラボは1月5日、「2011年7大セキュリティ脅威トレンド」を発表した。レポートでは2011年の主要トレンドとして「SNSを活用したさまざまな攻撃の一般化」「DDoS 攻撃の高度化」「社会インフラを狙ったターゲット型攻撃の増加」「金銭目的のスマートフォン脅威増加」「無線インターネットの脆弱性を狙った脅威の登場」「クラウド、仮想化技術を利用したセキュリティ脅威の登場」「ゼロデイ攻撃技法の高度化」を挙げている。

このほか、オンラインゲームではソーシャルゲーム、モバイルゲーム、Webゲームなどがハッキングの対象となり、セキュリティソフトウェアの検出を回避するためのステルス技術が進化する可能性も高いとしている。同社の研究所長であるチョ・シヘン氏は「SNS基盤のマルウェアやハッキングが新しい問題として台頭する。また無線インターネットの盗聴でモバイルオフィスも脅威の対象となり、クラウドや仮想化技術を利用した攻撃も現実化すると考えられる。便利な環境であるほど攻撃のターゲットとなりやすいことに留意する必要がある」と述べている。

http://www.ahnlab.co.jp/company/press/news_release_view.asp?seq=5441&pageNo=1&news_gu=01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×