Javaの脆弱性を悪用するドライブ・バイ・ダウンロード攻撃が増加(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Javaの脆弱性を悪用するドライブ・バイ・ダウンロード攻撃が増加(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)東京SOCは12月3日、Java(JRE/JDK)の脆弱性を悪用するドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の増加を確認したとしてレポートを公開している。この攻撃で悪用されているJavaの脆弱性は、「CVE-2010-3552」および「CVE-2009-3867」。「CVE-2010-3552」の脆弱性は、2010年10月25日に攻撃コードが一般公開されており、今回確認した攻撃では、公開されているコードがそのまま利用されているという。

この攻撃によって、Java 6 Update 21以前のバージョンを利用している環境ではウイルスに感染する可能性がある。なお、この攻撃はJavaを最新にアップデートすることで回避することが可能なため、Javaを利用している場合は最新バージョンが適用されているか確認するよう呼びかけている。

https://www-950.ibm.com/blogs/tokyo-soc/entry/java_dbyd_20101203?lang=ja

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×