日本国内の報告件数が急増、伸び率が海外を上回る--フィッシングレポート(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

日本国内の報告件数が急増、伸び率が海外を上回る--フィッシングレポート(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は11月16日、フィッシング詐欺の最新の動向をまとめた「フィッシングレポート2010〜急増するフィッシング詐欺の実態〜」を公開した。日本国内では2009年の後半からフィッシングの報告件数が急増しており、すでに2010年2月までで前年度の151件に対

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は11月16日、フィッシング詐欺の最新の動向をまとめた「フィッシングレポート2010〜急増するフィッシング詐欺の実態〜」を公開した。日本国内では2009年の後半からフィッシングの報告件数が急増しており、すでに2010年2月までで前年度の151件に対し283件と87%増加している。海外でも増加傾向にあるが、国内の伸び率は海外を上回った。フィッシングサイトのユニークURL件数は、前年度の3.8倍と報告件数以上の増加となっている。

またレポートでは、新たな脅威の動向としてフィッシングがID窃盗を行う手法のひとつとなっていることを挙げている。さらに、インターネットサービスの拡大によって多くのオンラインアカウントを持つユーザが増え、オンラインアカウントの重要性も増しつつあることから、オンラインアカウントを含むID窃盗もより広範に、より巧妙になったとしている。このためユーザは、自身ではそれほど価値がないと思うようなアカウントにも十分安全に気を配る必要があるとしている。

http://www.antiphishing.jp/news/info/press_phishing_report2010.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×