14件の脆弱性に対応、「Firefox」「Thunderbird」の新バージョンを公開(Mozilla) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

14件の脆弱性に対応、「Firefox」「Thunderbird」の新バージョンを公開(Mozilla)

Mozillaは9月7日、FirefoxおよびThunderbirdのセキュリティアップデートを実施、「Firefox 3.6.9」「Firefox 3.5.12」「Thunderbird 3.1.3」「Thunderbird 3.0.7」を公開した。Windows、Mac OS、Linux版すべてに対応する。Firefox、Thunderbirdともに14件の脆弱性に対応

製品・サービス・業界動向 業界動向
Mozillaは9月7日、FirefoxおよびThunderbirdのセキュリティアップデートを実施、「Firefox 3.6.9」「Firefox 3.5.12」「Thunderbird 3.1.3」「Thunderbird 3.0.7」を公開した。Windows、Mac OS、Linux版すべてに対応する。Firefox、Thunderbirdともに14件の脆弱性に対応しており、このうち10件は重要度が「Critical」となっている。また「Firefox 3.6.9」では、HTTPレスポンスヘッダ「X-FRAME-OPTIONS」に新たに対応し、クリックジャック攻撃の緩和を可能にしている。

http://mozilla.jp/firefox/3.6.9/releasenotes/
http://mozilla.jp/thunderbird/3.1.3/releasenotes/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×