7月は「Trojan.Stuxnet」の感染拡大があったが、比較的平穏(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

7月は「Trojan.Stuxnet」の感染拡大があったが、比較的平穏(Dr.WEB)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ネットフォレストは8月11日、Dr.WEBにおいて「2010年7月のウイルス・スパムレビュー」を発表した。これによると、1月に新たにウイルスデータベースに登録されたマルウェアの件数は55,035件で、これにより7月末時点での登録総数は1,578,149件となった。アンチスパムエンジンの更新・配信は43回となっている。7月は、トロイの木馬「Trojan.Stuxnet」の出現と感染拡大が記録された。このウイルスは自動実行の仕組みを利用してリムーバブルメディアから起動し、また有名なソフトウェア企業の電子署名を盗用している。

全体的な傾向としては、ブートキットの手法を使ったマルウェアが一般的になってきている。なおWindowsブロッカーは、対策が功を奏し被害が収束しつつある。現在、犯罪者はユーザから不正に現金を得るための支払い手段として、有料ショートメッセージ(SMS)の代わりになるものを探している。結論として、7月はウイルスソフトの開発者やユーザにとって、解決できないような問題は発生しなかったとしている。

http://drweb.jp/news/20100811.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×