延命を決断したシステム担当者にWindows 2000の危険性を紹介するセミナー(FFR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

延命を決断したシステム担当者にWindows 2000の危険性を紹介するセミナー(FFR)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

フォティーンフォティ株式会社(FFR)は、「とってもキケンなWindows 2000セミナー」を8月10日に開催する。本セミナーは、7月14日を最後に更新プログラムの提供を終了したWindows 2000の危険性について紹介するもの。アプリケーションが対応していないなどの理由でWindows 2000の延命を決断したシステム担当者を対象に、今後Windows 2000にどのような危険が起こりうるのか、同社と株式会社サイバーディフェンス研究所が共同でセミナーを行う。

内容は、FFRの鵜飼裕司氏による基調講演「Windows 2000更新プログラム提供終了が意味する本当のリスク」、サイバーディフェンス研究所の福森大喜氏による「Windows 2000へのゼロデイ攻撃」、サイバーディフェンス研究所の中山和郎氏による「Windows 2000へのハッキング」が予定されており、Windows 2000対策の紹介も行われる。セミナーの日時は8月10日13時30分〜16時で定員は100名、日経ホールにおいて開催される。参加費は無料。

http://www.fourteenforty.jp/seminar/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×