ドゥンガ監督スパム、リンク先はハッキングされたマレーシア政府のサイト(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

ドゥンガ監督スパム、リンク先はハッキングされたマレーシア政府のサイト(マカフィー)

マカフィー株式会社は6月10日、ブラジルでのスパムメールにサッカーのブラジル代表であるドゥンガ監督を題材としたものが発見されたと発表した。このスパムメールの内容は同監督が暴力沙汰に巻き込まれたというデマで、今回のFIFAワールドカップの代表選手23名に、ネイマ

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は6月10日、ブラジルでのスパムメールにサッカーのブラジル代表であるドゥンガ監督を題材としたものが発見されたと発表した。このスパムメールの内容は同監督が暴力沙汰に巻き込まれたというデマで、今回のFIFAワールドカップの代表選手23名に、ネイマール選手とガンソ選手が選ばれなかったことに腹を立てたファン2人に顔を殴られたというもの。

スパムメールには同監督の画像加工写真が掲載されており、またその時の暴力行為の画像と称したリンクも掲載している。このリンクをクリックすると、別のWebサイトにリダイレクトされるが、リダイレクト先はgov.myというドメインであることから、ハッキングされたマレーシア政府のサイトと思われる。なお、暴力行為の画像が収録されているというファイルは、実際はオンラインバンクの認証情報の傍受に特化された「PWS-Banker.gen.ad」というトロイの木馬であった。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/world-cup-serves-as-bait-for-cybercriminals.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×