ドゥンガ監督スパム、リンク先はハッキングされたマレーシア政府のサイト(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

ドゥンガ監督スパム、リンク先はハッキングされたマレーシア政府のサイト(マカフィー)

マカフィー株式会社は6月10日、ブラジルでのスパムメールにサッカーのブラジル代表であるドゥンガ監督を題材としたものが発見されたと発表した。このスパムメールの内容は同監督が暴力沙汰に巻き込まれたというデマで、今回のFIFAワールドカップの代表選手23名に、ネイマ

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は6月10日、ブラジルでのスパムメールにサッカーのブラジル代表であるドゥンガ監督を題材としたものが発見されたと発表した。このスパムメールの内容は同監督が暴力沙汰に巻き込まれたというデマで、今回のFIFAワールドカップの代表選手23名に、ネイマール選手とガンソ選手が選ばれなかったことに腹を立てたファン2人に顔を殴られたというもの。

スパムメールには同監督の画像加工写真が掲載されており、またその時の暴力行為の画像と称したリンクも掲載している。このリンクをクリックすると、別のWebサイトにリダイレクトされるが、リダイレクト先はgov.myというドメインであることから、ハッキングされたマレーシア政府のサイトと思われる。なお、暴力行為の画像が収録されているというファイルは、実際はオンラインバンクの認証情報の傍受に特化された「PWS-Banker.gen.ad」というトロイの木馬であった。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/world-cup-serves-as-bait-for-cybercriminals.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×