身代金を要求するランサムウェアへの注意喚起を発表(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

身代金を要求するランサムウェアへの注意喚起を発表(エフセキュア)

 エフセキュア株式会社は1月26日、フィンランド本社による身代金を要求するランサムウェアへの注意喚起を発表した。ランサムウェアはトロイの木馬の一種で、感染したコンピュータのファイルを修復するための費用、つまり身代金をユーザに払わせるもの。騙されたユーザに

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフセキュア株式会社は1月26日、フィンランド本社による身代金を要求するランサムウェアへの注意喚起を発表した。ランサムウェアはトロイの木馬の一種で、感染したコンピュータのファイルを修復するための費用、つまり身代金をユーザに払わせるもの。騙されたユーザに誤った満足感さえ与える、非常に悪質なものとしている。新種ではユーザが被害に気が付かない危険性も高い。

 コンピュータが「W32/DatCrypt Trojan」に感染すると、Microsoft Officeの書類や動画、画像などのファイルをDatCryptによって暗号化される。そのファイルが破損したかのように偽装し、本物のWindowsのメッセージのように見せかけたメッセージが現れ、Windowsが推薦するリカバリソフトとして「Data Doctor2010」をダウンロードし、実行するようユーザに促す。しかし、無料版は「ひとつのファイルしか修復できない」として 89.95ドルの製品版を購入するよう誘導される。製品版を購入するとファイルは元に戻りアクセスできるようになる。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100126_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×