ソフトウェア配布サイトの半数以上が不正プログラムを配布(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

ソフトウェア配布サイトの半数以上が不正プログラムを配布(セキュアブレイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社セキュアブレインは10月15日、同社が運用する無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行った結果をまとめた「セキュアブレイン gred セキュリティレポート Vol.3」を発表した。レポートによると、「危険」と判断されたWebサイトの件数は3,067件で、前月より増加した(前月比104.5%)。また2009年9月は、「フィッシング詐欺」の検出件数が1,369件となり、統計開始後の最高値を記録した。

「不正プログラム」の検出件数においても173件と、統計開始後の最高値を記録している。なお、不正攻撃サイトの検出件数は統計開始後の最高値を記録した8月に比べ、大幅に減少した。一方で、「不正プログラム」を配布しているWebサイトの半数以上(93件:54%)が「ソフトウェア配布サイト」であった。「不正改ざんサイト」では、検出された385件中189件(49%)が個人利用のブログサイトであった。また、企業のWebサイトも85件(22%)あり、そのうちECサイトは25件(30%)含まれていた。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2009/10/gred-report3.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×