ソフトウェア配布サイトの半数以上が不正プログラムを配布(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

ソフトウェア配布サイトの半数以上が不正プログラムを配布(セキュアブレイン)

株式会社セキュアブレインは10月15日、同社が運用する無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行った結果をまとめた「セキュアブレイン gred セキュリティレポート Vol.3」を発表した。レポート

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社セキュアブレインは10月15日、同社が運用する無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行った結果をまとめた「セキュアブレイン gred セキュリティレポート Vol.3」を発表した。レポートによると、「危険」と判断されたWebサイトの件数は3,067件で、前月より増加した(前月比104.5%)。また2009年9月は、「フィッシング詐欺」の検出件数が1,369件となり、統計開始後の最高値を記録した。

「不正プログラム」の検出件数においても173件と、統計開始後の最高値を記録している。なお、不正攻撃サイトの検出件数は統計開始後の最高値を記録した8月に比べ、大幅に減少した。一方で、「不正プログラム」を配布しているWebサイトの半数以上(93件:54%)が「ソフトウェア配布サイト」であった。「不正改ざんサイト」では、検出された385件中189件(49%)が個人利用のブログサイトであった。また、企業のWebサイトも85件(22%)あり、そのうちECサイトは25件(30%)含まれていた。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2009/10/gred-report3.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×