オンライン詐欺のためにマルウェアが使用されるケースが増加(ネットフォレスト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

オンライン詐欺のためにマルウェアが使用されるケースが増加(ネットフォレスト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ネットフォレストは4月9日、2009年3月のウイルス・スパムレビューをDr.WEBにおいて発表した。3月は、オンライン詐欺のためにマルウェアが使用されるケースが増加し、またボットネットの規模拡大を目的としてマルウェア作者がより攻撃的なテクニックを採用している。迷惑メール配信事業者は自分たちのサービスを紹介する迷惑メールを大量にばら撒いているが、これも世界的な不景気の影響で広告主が減少しているためと思われる。

 ボットネットでは、TdssボットネットおよびShadowボットネットをより効率的に拡大するため、ウイルス作者たちは新たなテクニックを採用している。アンチウイルスベンダ各社によるセキュリティに関する推奨事項に従わないユーザが多いため、リムーバブルメディアやネットワーク共有を介して感染する伝統的な拡散方法も未だに有効だ。サイバー詐欺では、3月には、サイバー詐欺で使用される数多くの手法がウイルス定義データベースに新しく登録された。


http://drweb.jp/news/20090409_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×