2009年第1四半期最大のマルウェアは「Conficker」(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

2009年第1四半期最大のマルウェアは「Conficker」(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフセキュア株式会社は4月9日、「2009年第1四半期セキュリティ総括サマリ」を発表した。サマリによると、2009年の最大のマルウェアは今のところConficker(別名Downadup)ワームである。これはMicrosoft Windowsの脆弱性を悪用する典型的なワームで、ここ数年間には検知されていない種類のものであった。しかし、暗号の強化やサーバを経由せずコンピュータ間の通信を可能にするP2P機能が感染を広げたり、また自身の変換やアップデートを行なう能力など、Confickerは機能を高度化している。

 また、ソーシャルネットワーキングを不正に利用するワームも登場した。Facebook上の「Koobfaceワーム」の最新亜種は、Facebook用のログオン情報を盗み出す。ログインして画像や友人のメールアドレスを盗み出し、Facebookの写真を使って偽のYouTubeページを作成し、YouTubeビデオでタグを付けたことを伝えるメールを友人に送る。さらに、スマートフォンに向けた最初のSMSワーム、「Sexy View」を取り上げ、この第1四半期が歴史的なものになったとしている。


http://www.f-secure.co.jp/news/200904091/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×