社員の個人用PCから個人情報を含む業務情報が流出(オフィステイクワン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

社員の個人用PCから個人情報を含む業務情報が流出(オフィステイクワン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社オフィステイクワンは2月25日、同社社員の個人用PCから個人情報を含む学会情報および企業情報がWinnyを通じて流出していたことが2月23日に判明したと発表した。これは、同社員が外部持ち出しを禁止されている業務情報を自宅に持ち帰り、自宅にある個人用PCに保存して作業していたところ、同PCがウイルスに感染しデータが流出したというもの。

 流出が確認された情報は、学会主催者および関係企業の勤務先の情報(勤務先、部署名、役職名、氏名、住所、電話番号、FAX番号、一部メールアドレス)、案内状を送付するため収集した大学、病院、企業情報(勤務先、部署名、役職名、氏名、住所、電話番号、FAX番号、一部メールアドレス)、学会運営上、主催者および企業各位と取り交わした業務連絡メール、学会運営に関する諸情報としている。また詳細については調査中であり、判明次第公開していくという。

http://www.cs-oto.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×