携帯電話向けサイト「ハンゲ.jp」から個人情報が流出(NHN Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

携帯電話向けサイト「ハンゲ.jp」から個人情報が流出(NHN Japan)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NHN Japan株式会社は2月12日、同社が運営する携帯電話向けゲーム&コミュニティサイト「ハンゲ.jp」において、個人情報が流出した事実が判明したと発表した。これは、2009年1月5日から2月9日の期間、「ハンゲ.jp」の利用登録時に、ユーザが入力した「ハンゲームID」「メールアドレス」の情報が、その後同社からユーザ宛に案内する認証用Webページにおいて、別のユーザの「ハンゲームID」「メールアドレス」に誤記載されるケースが判明したというもの。

 同社の調査では、399件のケースが確認されている。原因は、ランダムに重複なく発行されるはずの仮IDが、設計上の不備により重複して発行されるケースがあり、同じ仮IDを持った別のユーザの個人情報を、閲覧できる状況が発生したとしている。なお、システム設計の不備は即時改修されている。


http://www.nhncorp.jp/press/files/PRESS_20090212181222.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×