2008年10月のスパム配信国、アメリカがロシアを逆転しトップ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

2008年10月のスパム配信国、アメリカがロシアを逆転しトップ(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は11月14日、2008年10月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がロシア、3位が韓国、4位がトルコ、5位がブラジルと前月より順位が変動している。再びアメリカがロシアを逆転し、ワースト1と

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は11月14日、2008年10月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がロシア、3位が韓国、4位がトルコ、5位がブラジルと前月より順位が変動している。再びアメリカがロシアを逆転し、ワースト1となった。その他、上位ランキングでは韓国の急上昇が懸念される。韓国は今年度8月頃より、各国のプロバイダにおけるボットネットの活動を監視している「Spam & Botnet Watch」からも攻撃の悪化傾向は見られ、引き続きの警戒が必要であるとしている。なお、10月度の「Worldwide Spam amount」は「90,891,023」。前月度の「66,470,097」
に対して増加傾向となっている。


http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2157
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×