ニンテンドーDSの海賊版をマジコンとともに販売していた3人を逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

ニンテンドーDSの海賊版をマジコンとともに販売していた3人を逮捕(ACCS)

 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と南署、山科署は11月13日、権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた大阪府寝屋川市の職業不詳男性A(37歳)、同市の有限会社代表取締役の女性B(58歳)

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と南署、山科署は11月13日、権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた大阪府寝屋川市の職業不詳男性A(37歳)、同市の有限会社代表取締役の女性B(58歳)、同市の職業不詳男性C(21歳)の3人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

 男性らは自らが運営するホームページ「DSGAMEJP」において平成20年7月26日、京都市の男性に対し、任天堂株式会社が著作権を有する「マリオパーティDS」など計5タイトルのゲームデータを無断で複製したmicroSDカード1枚を、ゲームソフトを稼動させるために必要となる「マジコン」と呼ばれる機器とセットで10,980円で販売していた。事件の端緒は、京都府警の捜査員がサイバーパトロールで「DSGAMEJP」を発見したためだという。


http://www2.accsjp.or.jp/topics/news3.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×