「予告.in」が改竄被害、閲覧すると犯行文を2ちゃんねるに投稿(予告.in) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

「予告.in」が改竄被害、閲覧すると犯行文を2ちゃんねるに投稿(予告.in)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 予告.inは8月3日、同日2時18分から3時55分の間、犯行予告の投稿欄にXSS脆弱性を突いた不正なコードを埋め込まれ、予告inへのアクセスと同時に、[警視庁を爆破する]という犯行予告文を強制的に2ちゃんねるに投稿されてしまう現象が発生したと発表した。

 今回の改竄は事前に犯人の用意した特定のページに強制的にアクセスをさせることで、2chに一定の文字列を投稿する、また動画、メーラーを大量に立ち上げ、ブラウザを強制終了させるといったスクリプトであったため、ウイルスの混入や、その後の悪影響等はないとしている。予告.inでは、同日4時頃に利用者からの連絡により状況を確認後、すべての不正なコードを排除した。また、不正なコードを送信・表示できないような対策を講じている。さらに、一時的な対応策として犯行予告の投稿時、すぐに反映するリアルタイム形式から、一旦、内容を確認してから反映させる確認方式に一時的に変更した。


http://yokoku.in/column/release/080803.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×