定期刊行物の送付先名簿がWinnyを介して流出(東本願寺) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

定期刊行物の送付先名簿がWinnyを介して流出(東本願寺)

 真宗大谷派(東本願寺)は5月26日、同派親鸞仏教センター(東京都文京区)の定期刊行物「アンジャリ」の送付先名簿(3,416名分)が「Winny」を介して流出していたことが判明したと発表した。匿名のFAXや電話により発覚したという。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 真宗大谷派(東本願寺)は5月26日、同派親鸞仏教センター(東京都文京区)の定期刊行物「アンジャリ」の送付先名簿(3,416名分)が「Winny」を介して流出していたことが判明したと発表した。匿名のFAXや電話により発覚したという。

 これは、同センター職員が自宅で作業を行おうとして、持ち出しが禁止されている個人情報を含むデータファイルを個人のUSBメモリに保存して持ち出し、東京都内某所のインターネットカフェのPCから流出させたというもの。5月18日0時42分から5月19日21時37分までの間に流出したと思われる。


http://www.tomo-net.or.jp/info/news/080526.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×