「2007/11 APWG レポート日本語版」他を発表(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

「2007/11 APWG レポート日本語版」他を発表(フィッシング対策協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フィッシング対策協議会は3月3日、「2007/11 APWG レポート日本語版」および「2008/1 国内フィッシング情報届出状況」を公開した。「フィッシング行為最新事情レポート」では、フィッシング対策実務者グループ(APWG)がそのWebサイト上あるいはグループ宛ての電子メーで報告を受けたフィッシング攻撃の事例を分析したもの。APWGが保有するフィッシング攻撃の事例に関する情報データベースは、メール詐欺およびフィッシング行為についての最も包括的なインターネット・アーカイブとしている。

またAPWGでは、会員企業によるクライムウェアの傾向(タイプ、発生数、拡散の仕方)について調査した結果をまとめている。フィッシング情報届出状況によると、2008年1月における届出件数は過去1年の平均を大幅に下回る4件、フィッシングメールおよびフィッシングサイトの件数についても同様で、ともに3件であった。また、フィッシングによりブランド名を悪用された企業の件数は3件となっている。

http://www.antiphishing.jp/news/000062.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×