暗号ハードウェアとして初めてJCMVP認証を取得(産総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

暗号ハードウェアとして初めてJCMVP認証を取得(産総研)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 産業技術総合研究所は12月17日、情報セキュリティ研究センター物理解析研究チームの佐藤 証 主任研究員と国立大学法人 東北大学 大学院 情報科学研究科 青木 孝文 教授、本間 尚文 助教らが開発した暗号機能を実装したFPGAボードが、暗号ハードウェアモジュールとしては初めて、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が運用する「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の認証を取得したと発表した。

暗号FPGAボードは国際標準暗号AESを実装したもので、セキュリティレベル1の認証。産総研は、今後新たな試験項目・手法の確立に貢献すべく、今回開発したFPGAボードを標準評価ボードとして国内外の大学・研究機関に無償配付する。また、暗号ハードウェアの設計指針となるように、ボードの詳細な設計仕様書やソースコードもWebサイトで無償公開し、第三者評価された製品の普及による情報セキュリティ製品全体の安全性向上に貢献するとしている。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2007/pr20071217/pr20071217.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×