進化を続けるスパムに青息吐息のセキュリティ会社 | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

進化を続けるスパムに青息吐息のセキュリティ会社

セキュリティ会社F-Secureの研究員が7月28日付の同社ブログで、最近、Excel形式のファイルを添付したスパムメールが増えているとの報告を行っている。

国際 海外情報
セキュリティ会社F-Secureの研究員が7月28日付の同社ブログで、最近、Excel形式のファイルを添付したスパムメールが増えているとの報告を行っている。

これは、同社のミコ・ヒッポネン首席研究員によるものだ。スパムメールは、見つかった当初はテキストのみだった。それがhtml形式を使い始め、2006年の初め頃からイメージスパムが増加している。セキュリティ会社が対応に努めたところ、今度はPDF形式だ。セキュリティ会社はPDFに対応するスパムフィルターを現在開発中だと説明している。

その一方で、今度はExcel形式のファイルでのスパム送信が始まった。実はこの“Excelスパム”については、7月21日にすでに英国のセキュリティ会社Sophosなども警告している。

21日の時点では、pump and dumpまたはpump-n-dumpと言われるスパムにExcelが使われているというものだった。これは、偽の株式情報を流して株価を上げて、不当に利益を得るためのスパムで、近年スパムメール全体の大きな割合を占めている。

ヒッポネン首席研究員が今回、報告しているのは…

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×