2007年第1四半期の迷惑メールおよびマルウェア調査結果を発表(ソニックウォール) | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

2007年第1四半期の迷惑メールおよびマルウェア調査結果を発表(ソニックウォール)

米ソニックウォール社は5月7日(現地時間)、迷惑メールおよびマルウェアに関する2007年第1四半期の調査結果を発表した。調査結果によると、2006年第4四半期と比較して、迷惑メールの量が44.29%増加した。また、迷惑メールを含むフィッシング、ウイルス、DHAあるいはDH

製品・サービス・業界動向 業界動向
米ソニックウォール社は5月7日(現地時間)、迷惑メールおよびマルウェアに関する2007年第1四半期の調査結果を発表した。調査結果によると、2006年第4四半期と比較して、迷惑メールの量が44.29%増加した。また、迷惑メールを含むフィッシング、ウイルス、DHAあるいはDHAに類似する攻撃も含めた包括的な迷惑メールの数は、24.46%増加した。

2006年第4四半期に続き、DHAが迷惑メールの半数以上の57.99%を占めた。ただし、前期の63.52%からは減少している。フィッシングメールの量は増加傾向にあるが、まだ全体の1%以下に止まっている。なお、フィッシングメールは、1月中旬に急激な増加が確認された。これは、前年と同じ傾向で、年末年始に発生した請求書の支払いを控え、クレジットカードの利用頻度が増えるためと推測される。

http://www.sonicwall.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×