増加するランサムウェア | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

増加するランサムウェア

国際 海外情報

MessageLabsが12月14日、2006年の年間セキュリティレポートを報告した。レポートでは、2007年の予測として、「懸念が拡大しているのはランサムウェアだ」との見解を発表している。ランサムウェアとは、他のコンピュータに侵入して、ターゲットが感染すると重要なファイルや文書を秘密のキーを用いて暗号化してしまうソフトウェアだ。

ユーザーがファイルへのアクセスを回復するには、パスワードなどが必要で、犯人は引き換えにランサム、すなわち身代金を要求する。これまでのところ、パスワードなどは、ウィルス対策ソフトのベンダーをはじめとする、情報セキュリティ企業が解明してきた。しかし、犯行側の技術も向上し、これらのセキュリティの専門家でさえ、解読不能なランサムウェアが、今後、出現する恐れがあるという。

このランサムウェアだが、企業や組織などを狙うだけではなく、個人も被害にあっているようだ。12月18日付けの『USA Today』は、Websenseからの情報として、米国北東部の企業でIT管理の担当者が最近、被害に遭ったと伝えている。

ランサムウェアに感染したのは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×