PCより手前でウイルス対策を行うシステムを開発(産総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

PCより手前でウイルス対策を行うシステムを開発(産総研)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)は11月22日、書き換え可能なハードウェア(FPGA)を用いた高速なウイルスチェックシステムの開発に成功したと発表した。本システムは、PCや情報家電とネットワークとの間に挿入して使用するもの。このため、PCや情報家電にコンピュータウイルスが侵入する前に除去することが可能となる。従来のウイルス対策製品では、PCにウイルスが侵入しないと検出できなかったが、本システムでは侵入前に対策でき、ウイルス対策製品を持たない情報家電のウイルス対策にも有効となる。

また、ハードウェアでウイルスをチェックするため、ウイルスチェックが従来のウイルス対策製品より10倍に高速化される。さらに、新たに出現したウイルスへの対応がすべて自動で行われるため、ユーザによる操作が不要となり、常に安心、安全なインターネット環境が実現できる。産総研では今後、平成19年度末まで本システムの研究開発作業を進めて完成度を高め、3年から5年以内の実用化を目指す。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2006/pr20061122/pr20061122.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×