レンタルサーバで迷惑メールフィルタサービスを開始(NTTPCコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

レンタルサーバで迷惑メールフィルタサービスを開始(NTTPCコミュニケーションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社NTTPCコミュニケーションズは10月24日、同社が提供するレンタルサーバ「WebARENA Suite2」において、迷惑メールの判定エンジンとしてシマンテック社の「Symantec Brightmail AntiSpam」を採用し、11月7日から「迷惑メールフィルタサービス」として提供を開始すると発表した。全利用ユーザに無償で提供されるのは日本初となる。

同社では、複数ベンダの迷惑メール判定エンジンに対し、数千通のメールを送信・検証を行った。その結果、「Symantec Brightmail AntiSpam」は、日本語の迷惑メール判定率も高く、また通常のメールを迷惑メールとする誤判定率が非常に低かったことから同製品を採用したという。今後は大規模メールホスティングサービス「Mail Luck!」、インターネット接続サービス「InfoSphere」、「プライベートブランドサービス」においてもメールフィルタを「Symantec Brightmail AntiSpam」に切り替えていくという。

http://www.nttpc.co.jp/press/html2006/20061024.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×