日本セキュリティ市場へ本格進出−セキュアイドットコムの次世代型UTMの国内戦略(1)日本の中小企業市場戦略のカギ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

日本セキュリティ市場へ本格進出−セキュアイドットコムの次世代型UTMの国内戦略(1)日本の中小企業市場戦略のカギ

特集 特集

ウイルスやフィッシング詐欺、Winnyなどさまざまな脅威が中小企業を取り巻いているが、対策は後手に回っている。実際目に見える被害が発生しないと実感が湧かないこと、総合的な対策を取るには高価な機器を導入する必要があること、対策を取ろうにもどのような方策が適切なのかが見えにくいこと、などがボトルネックになっている。

このたびSCAN編集部は、サムスングループの情報セキュリティシステム開発会社、セキュアイドットコムの日本における総販売代理店契約を締結し、情報セキュリティシステム分野の中堅・中小企業マーケットに新たに参入した株式会社ジー・エフを訪ね、同社が取り扱う中小企業向けのトータルソリューション NXG シリーズの販売などを担うITソリューション事業部 事業部長の松浦歳宣さんに、中堅・中小企業へのセキュリティソリューション販売戦略やサムスングループが日本市場を重視する背景などを聞いた。

株式会社ジー・エフ
http://www.gf-net.co.jp/
NXGシリーズ
http://www.gfblog.jp/nxg.html

────

編集部:
株式会社ジー・エフは、韓国サムスングループの情報セキュリティシステム開発会社、セキュアイドットコムと2006年7月31日に提携しましたが、まずはその経緯を教えてください。

松浦:
ジー・エフは、人間に変わってパソコンが自動的に電話をかけ、あらかじめ録音しておいた肉声データを流す「オートコール」システムを事業の主力としています。

コールセンターシステムは、人海戦術で行うテレマーケティングサービスや、沖電気さんや富士通さんなどが提供する大型のコンタクトセンターなどがありますが、アウトバウンド(発信業務)でかつ中堅・中小企業が安価に導入できるシステムは今までありませんでした。その市場に着目し、独自にサービスを開発しました。

現在約2,500社に導入いただいておりますが、そのうち約80%が中堅・中小企業です。

これら中堅・中小企業にも今後セキュリティ対策が必須になっていきますが、一方で現在市場に出ている既存の製品ラインナップでは、中堅・中小企業に適した商品は非常に少ないと感じています。

そこで、オートコール同様、我々がセキュリティ対策の面でもお手伝いできることがあるのではないかと考え、さまざまな製品を検討した結果、セキュアイドットコムの「NXGシリーズ」を新たに提供することとしました。

編集部:
中堅・中小企業では、セキュリティ対策といえばアンチウイルスなどの最低限のものでも支障はないように思えますが、必要性に迫られることはあるのでしょうか。

松浦:
大手企業とのアライアンスで事業を進めるような場合、大手企業からプライバシーポリシーなどを求められる機会は増加しており、取引先や元請けへの信頼を勝ち取るためにも必須となるでしょう。

編集部:
中堅・中小企業に製品が普及していくための鍵はどのあたりにあるとお考えですか。

松浦:
セキュリティはどうしても後ろ向きの投資と捉えられることが多く、「儲けにならない」という顧客の考えをどう切り返していくかが重要です。

中堅・中小企業への販売は、GFのオートコールユーザ企業へご紹介してゆきます。

>>中堅・中小企業への販売戦略

松浦:ユーザー企業に対しては、毎月配布している冊子「GF News」の2006年8月号から告知をスタートさせました。

統合セキュリティソリューション製品では、数値スペックなど微に入り細をうがった項目も取り上げようとすれば取り上げられますが、ターゲットとしている中堅・中小企業に対して最初からそのような細かな数字の羅列を見せてしまうと一気に関心が冷めてしまいます。

そこで、導入によってどのようなことが実現できるのか、端的に分かりやすい記事を掲載しました。

編集部:
告知後の反響はいかがですか。

松浦:
さっそく「設定は難しくないのか?」「取り付けなどはしてくれるのか?」といったお問い合わせをいただいています。

今後は中堅・中小企業でもご理解いただけるカタログ等を用いて普及・浸透を図り、興味をもたれた方にはセミナーなどを通じて詳細をお伝えしていきます。これはオートコールシステムの販売でも行ってきた手法です。

編集部:
数ある統合セキュリティソリューション製品の中で、取り扱う製品をNXGシリーズにされたのはなぜですか。

松浦:
セキュアイドットコムはサムスンの情報開発部門が独立してできた会社なので、特に韓国では一般企業に加え公共機関、金融、通信、軍事などあらゆる部門で採用が進んでいます。

世界的に見て多数の導入実績があるので信頼性は折り紙付きですが、日本には本格進出しておらず、今回アライアンスを組みました。

あわせて、NXGシリーズはセキュアイドットコムが独自開発した技術が数多く採用されており、日本国内では後発となりますが十分アドバンテージがあると考えたからです。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×