自作のホームページで海賊版を販売していたアルバイト男性を逮捕 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

自作のホームページで海賊版を販売していたアルバイト男性を逮捕

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、京都府警生活経済課と木津署は9月26日、自らが運営するホームページを通じて、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた杉並区のアルバイト男性(30歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕したと発

製品・サービス・業界動向 業界動向
ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、京都府警生活経済課と木津署は9月26日、自らが運営するホームページを通じて、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた杉並区のアルバイト男性(30歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。

男性は、平成18年8月中旬頃、アドビ システムズ インコーポレーティッドが著作権を有するコンピュータソフト「Adobe Creative Suite 2 Premium」を無断で複製したCD-R4枚セットを、京都市の男性に対し宅配便を利用し3,000円で販売していた。男性はページの中で、「オリジナルソフトですのでユーザー登録は出来ませんが、その他は正規品同様、問題なく使用できます。」と商品が正規品でないことを示していた。


ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×