e処方箋導入で情報漏洩?医療・ヘルスケア業界のセキュリティ(2)求められる業界全体での対策 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

e処方箋導入で情報漏洩?医療・ヘルスケア業界のセキュリティ(2)求められる業界全体での対策

特集 特集

●ウィルス、ハッカー侵入…。様々な経緯で漏れる情報
スパイウェアやセキュリティホールだけではない。2004年にもワイオミングのMinervaHealth Incのウェブサイトがウィルスに感染した。このウィルスは、感染すると、ユーザーのパスワードやクレジットカード番号、社会保険番号を記録。そしてリモートのハッカーにe-mailで送付していた。

ウィルスは、MicrosoftのIEの脆弱性を攻撃するもので、事件を受けて、米国の国土安全保障省の関連機関、U.S. Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)が警告を出すこととなった。結果、大手のISPでは情報を送信するのを止めたが、攻撃はロシアからだったようだ…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×