「Active! hunter2.0」にウイルススキャンエンジンを供給(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

「Active! hunter2.0」にウイルススキャンエンジンを供給(日本エフ・セキュア)

日本エフ・セキュア株式会社は8月22日、株式会社トランスウエアが9月から出荷するアンチスパム製品の最新版「Active! hunter 2.0」のオプションとして、ウイルススキャンエンジンを供給すると発表した。Active! hunterは、新迷惑メール学習エンジン「SVM」や、多重化され

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本エフ・セキュア株式会社は8月22日、株式会社トランスウエアが9月から出荷するアンチスパム製品の最新版「Active! hunter 2.0」のオプションとして、ウイルススキャンエンジンを供給すると発表した。Active! hunterは、新迷惑メール学習エンジン「SVM」や、多重化されたフィルタ群によって構成されている大規模メールシステム向け迷惑メール対策製品。

最新版では、メールサーバの上位にゲートウェイとして容易に設置する機能や、高度なメール処理性能によって迷惑メールを排除し、適切なメールの流量を確保する機能などを搭載した。また、「F-Secure アンチウィルス」とのオプション連携によるウイルス検査機能では、ウイルス定義ファイルを1時間に1回自動的に確認しダウンロードすることで、常に最新のウイルス定義ファイルを参照することが可能だ。

http://www.f-secure.co.jp/news/200608221/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×