スパムメールチェック機能付きアンチウイルスゲートウェイを発売(ターボリナックス) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

スパムメールチェック機能付きアンチウイルスゲートウェイを発売(ターボリナックス)

ターボリナックス株式会社は7月13日、ムービットが同社のインターネットサーバ構築ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 2.0」に対応した、スパムメールチェック機能附属のアンチウイルスゲートウェイ「アンチウイルスゲートウェイ for TLAS」を発売したと発表した

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ターボリナックス株式会社は7月13日、ムービットが同社のインターネットサーバ構築ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 2.0」に対応した、スパムメールチェック機能附属のアンチウイルスゲートウェイ「アンチウイルスゲートウェイ for TLAS」を発売したと発表した。

本製品は、「Turbolinux Appliance Server」上での一般的なメールの送受信(SMTP/POP)はもちろん、Web閲覧時やftpのウイルスチェックを行ない、社内LANなどへのウイルス侵入を阻止する総合的なソリューション。スキャンエンジンには、豊富な実績のあるF-secure社の高速アンチウイルスエンジンを採用。ウイルスチェック処理の高速化を実現するとともに、スパムメールのチェック機能なども搭載している。また、設定は「Turbolinux Appliance Server」の管理インターフェースに完全に対応しており、導入および運用が容易になっている。価格は、50ユーザー版で179,550円。

http://www.turbolinux.co.jp/cgi-bin/newsrelease/index.cgi?date2=20060613112507&mode=syosai
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×