ハンゲーム、Xenepic Onlineでの顧客情報流出に補償と再発防止策を発表 | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

ハンゲーム、Xenepic Onlineでの顧客情報流出に補償と再発防止策を発表

NHN Japan株式会社は7月7日、同社が運営するインターネットゲームポータルサイト「Hangame」にてゲームサービスを提供している「Xenepic Online」において、共同運営会社ゲームガーデン株式会社で管理運営されているサーバより、ユーザのメールアドレスなどが流出した件

製品・サービス・業界動向 業界動向
NHN Japan株式会社は7月7日、同社が運営するインターネットゲームポータルサイト「Hangame」にてゲームサービスを提供している「Xenepic Online」において、共同運営会社ゲームガーデン株式会社で管理運営されているサーバより、ユーザのメールアドレスなどが流出した件について、顧客へのお詫び(補償)および再発防止策を発表した。

顧客へのお詫び(補償)については、流出の対象となったユーザ(297,805件のゲームID)に500円相当のゼネピックポイント(Xenepic Online内のポイント)を配付する。配付は7月12日13時を予定している。また、サーバ管理運営を行っているゲームガーデンに厳重注意および指導を行い、ゲームサーバの定期的な監査、サーバ管理者権限の管理強化、サーバ運用マニュアルの見直し、不必要な個人情報の不保持の再発防止施策をゲームガーデンにて、早急に実施
する。
また、NHN Japanにより正しく再発防止策が実施運営されていることを監査していく。


NHN Japan:「Xenepic Online」お客様情報流出に関する お詫び(補償)と再発防止策のご報告
http://www.nhncorp.jp/press/files/PRESS_20060707231627.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×