迷惑メール対策を強化、送信ドメイン認証に対応(ボーダフォン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

迷惑メール対策を強化、送信ドメイン認証に対応(ボーダフォン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ボーダフォン株式会社は3月28日、同社メールサーバから送信されるメールについて、受信側のメールサーバにおいて送信元のドメイン名の詐称がないかどうかが判別できる送信ドメイン認証に対応したと発表した。

この認証技術は、迷惑メール対策ワーキンググループ「JEAG」が策定した提言書に基づくもの。
DNSサーバに送信サーバを確認するためのSPFレコードを追加することで、SPF/Sender ID方式の送信ドメイン認証技術を導入しているインターネットサービスプロバイダや一般企業などのメールサーバにおいて、同社携帯電話のメールアドレスのメールを受信した際に、それが正しく送信されたメールであるかどうかを判別できるようになる。
同社は今後もJEAGの活動とも連携しながら引き続き迷惑メール対策に取り組んでいくとしている。

http://www.vodafone.jp/japanese/release/2006/20060328j.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×