新たなランサムウェア出現 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

新たなランサムウェア出現

国際 海外情報

感染するとPC上のファイルを勝手に暗号化したり、あるいは新たにファイルをインストールして、元を戻すために「ランサム=身代金」を要求するランサムウェア。このランサムウェアの新種Cryzipが発見された。

発表したのは米国シカゴに本社を持つ、脅威や脆弱性管理といったITセキュリティサービスを提供する企業LURHQ だ。Cryzipは3月11日に発見したと発表されたトロイの木馬の一種で、被害者のファイルをパスワードで保護したZipファイルに保存してしまう。その上で、ファイルへのアクセス回復と引き換えに、身代金を支払うよう指示してくるという。
LURHQによると、感染によって現れるメッセージは、

・不法なアダルトサイトをブラウジングしているうちに感染。
・Zipファイルからの取り出しにはパスワードが必要。
・10以上のシンボルから構成されているため、パスワードを探そうとしても無駄。
・情報を暗号化したプログラムを探そうとしても、もうハードディスク上には
 存在しない。つまり見つけるのは不可能。
・暗号化された情報がほしければ身代金300ドルを支払うこと。
・警察に通報しても、警察は暗号を知らないので、本当に情報が必要なら他の方法、つまり身代金支払いという方法を取るべき。

などといった内容だ。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×