業務利用のIDSとしてのSnortを検証する 第4回:Snortの設置と運用 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

業務利用のIDSとしてのSnortを検証する 第4回:Snortの設置と運用

特集 特集

●Snortの設置と運用

今回はSnortの設置と運用について解説を行う。コマンドレベルでの導入手順については、Webをはじめとする各所に情報があるので、ここでは導入時の注意ポイントなどを順を追ってまとめるという形で話を進めたい。

(1)Snortの設置ポイントの決定

Snortを導入するということは、特定のネットワークに対する外部からの不正侵入を検知するという目的があるはずだ。導入に入る前に、今一度何を守りたいのか、そしてそれを守る最良の手段がSnortというNIDSの導入であるかどうかを確認しておく必要がある。

それさえ確認できれば、Snortの設置ポイントは決まったも同然である。監視対象ネットネットワークに出入りする全パケットをキャプチャできるポイントが、Snortを設置すべきポイントだ。

注意しなくてはならないのは、スイッチングハブの動作だ。たとえ全パケットが通過するハブがあったとしても、それがスイッチングハブであったら基本的にNIDSホストにパケットは流れてこない。機能があればミラーポートを設定するか、場合によってはリピータハブを噛ませる必要が生じるだろう。

【執筆:NTT東日本セキュリティオペレーションセンタ 日吉 龍】
 URL : http://www.bflets.dyndns.org/
著作物:不正侵入検知[IDS]入門 ――Snort&Tripwireの基礎と実践
 http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-1985-7

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×