注目の情報セキュリティ資格、その取得と効用(7)企業ニーズに合う資格は? 取得しやすい資格は? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

注目の情報セキュリティ資格、その取得と効用(7)企業ニーズに合う資格は? 取得しやすい資格は?

特集 特集

今まで6回にわたり、注目度の高い情報セキュリティ資格について解説してきた。最終回である今回は、これまで取り上げた資格をタイプ別に分類し、組織として、もしくは個人として、どの資格を狙うべきかを考察する。

●各資格のタイプ分類

 本連載で取り上げた資格は下記の通りである。

 [1]MCAセキュリティ (マイクロソフト)
   >> http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/mca_security.mspx
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_4800.html
 [2]情報セキュリティアドミニストレータ (IPA;国家資格)
   >> http://www.jitec.jp/1_11seido/h13/ss.html
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_4891.html
 [3]Security+ (CompTIA)
   >> http://www.comptia.jp/cont_certif_10.html
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_4951.html
 [4]VCA/VCE (ベリサイン)
   >> http://www.verisign.co.jp/training/definition.html
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_5028.html
 [5]SCTA (シマンテック)
   >> http://www.symantec.com/region/jp/education/certification/index.html
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_5028.html
 [6]CCSP (シスコ)
   >> http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/professional/ccsp.shtml
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_5028.html
 [7]CIWセキュリティ・プロフェッショナル
   >> http://www.ciw-japan.com/cur/cur_sec.html
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_5124.html
 [8]CISSP ((ISC)2)
   >> https://www.isc2.org/japan/
(記事) https://www.netsecurity.ne.jp/7_5266.html

これらを技術的要素とマネジメント要素のどちらが強いか、固有の技術・方式に依存するか一般的かの傾向により、以下の四象限にプロットした。

            固有
    [6][4]      |
       [5]     |
             |
        [1]    |
             |
  技術 ─────+───── マネジメント
             |
             |
         [3]  [7]    [8]
             |
             [2]
             |
           一般・中立

この図を元に、各資格の取得意義について考えてみよう。

・第一象限・・・(該当資格なし)

・第二象限・・・[1]、[4]、[5]、[6]
技術的要素、固有要素が強い資格。該当ベンダの製品やサービスを扱う技術者、上級ユーザが身につけたい資格である。
資格認定者は、その分野における技術者としての即戦力が期待される。
特に取得困難なものであれば、中途採用時には、かなりのアピールポイントとなろう。

・第三象限から第四象限・・・[3]、[7]、[2]
セキュリティに関する基本・応用知識をバランス良く広く持っていると評価される。ユーザ部門のセキュリティ担当や管理者として最適。
しかし、セキュリティ製品・サービスを提供する側の専門家として評価されるには、このタイプの資格以外に、第二象限および第四象限の資格を合わせ持つ必要がある。基礎がある分、専門性の高い資格にもチャレンジしやすいはずだ。
新卒採用時には、かなりアピールできる。

・第四象限・・・[8]
セキュリティ・マネジメントの専門性が高いタイプ。技術者よりもコンサルタント的感覚が強い。とはいえ、技術的要素も押さえた上でのマネジメントであり、ISMSの高まりと共に、今後取得希望者が増加するであろう分野だ。

【執筆:株式会社アイドゥ 井上きよみ http://www.eyedo.jp】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3697.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×